ペットたちの小さな天敵

積まれている薬

警戒するべき寄生虫

世界中で人気があるペットであり、多くの人が飼っている動物である犬や猫。
犬や猫は日本国内でも非常に人気のペットとなっており、昔からさまざまな人が犬や猫たちとの生活を楽しんでいました。
中には犬も猫も両方飼っているという人もいて、これからも犬や猫と共に生活をする人は増えていくでしょう。
さまざまな仕草や表情を見せてくれるペットたちはとても可愛いものですが、共に生活をしていく以上、気をつけなくてはならないこともたくさんあります。
その中でも代表的なものの一つといえるのが、ノミやマダニの予防です。

ノミやマダニは肉眼で確認するのが難しいほどに小さな外部寄生虫ですが、犬や猫といったペットたちにとっては天敵ともいえる存在です。
どちらも病気の引き金になることがありますし、ノミは瓜実条虫などの厄介な寄生虫を媒介することがあります。
また、マダニは大変危険なバベシア症やライム病を媒介したりすることもあり、ペットの健康に大きな害を与えます。
大量に寄生すればペットが貧血を起こす原因にもなるので、ペットと共に安心して暮らしていくためにも、ノミやマダニは確実に予防しなくてはなりません。
最近ではノミダニ予防の方法もさまざまなものが登場していますが、確実に予防するのならフロントラインプラスを使用するのがオススメです。
大切な家族であるペットの健康をしっかり守っていくためにも、フロントラインプラスを使ってノミやマダニを予防しましょう。

殺虫効果で予防する

フロントラインプラスは日本でも有名なメリアル社が開発したノミダニ駆除薬で、現在でも多くの飼い主さんたちが手に取っているペットの医薬品です。
既にメリアル社から販売されているノミダニ駆除薬にはフロントラインがありますが、フロントラインプラスは先に発売されたフロントラインにもう一つ有効成分を加えています。
これにより、ノミやマダニ以外の外部寄生虫に対しても効果を発揮するように作られており、効果を発揮する範囲を広げることに成功しました。
つまり、フロントラインよりも多くの外部寄生虫を駆除することができるので、お得にノミやマダニを駆除することができるのです。
ノミやマダニだけでなく、ペットの健康を脅かす外部寄生虫も同時に予防したいと考えている人は、ぜひフロントラインプラスを使いましょう。

フロントラインプラスにはフィプロニルとS-メトプレンという成分が有効成分として配合されています。
これらの成分はノミやマダニに対して殺虫効果を発揮する成分で、ペットの身体に投与すると身体に寄生しているノミやマダニを殺虫することで予防してくれます。
殺虫効果と聞くと不安になる飼い主さんもいるかもしれませんが、フロントラインプラスに配合されている成分はノミやマダニといった寄生虫にのみ効果を発揮します。
そのため、ペットにはほとんど影響を与えずに、外部寄生虫にのみ効果を発揮してくれるという大きなメリットがあります。

成虫だけでなく卵にも

フロントラインプラスで注目したいことが、ノミやマダニの成虫だけでなく、ノミの卵や幼虫、蛹に対しても殺虫効果を発揮するという点です。
フロントラインではノミやマダニの成虫しか駆除することができませんでしたが、フロントラインプラスなら成虫だけでなく、ノミの卵や蛹も同時に駆除、予防することができるのです。
ノミは1日に50個という大量の卵を産むため、フロントラインで駆除しても卵が残ってしまっていた場合、卵が孵化することによって再びノミに寄生されてしまいます。
フロントラインプラスなら、卵が孵化したり、幼虫や蛹が成長することによる再寄生もしっかり防ぐことができるのです。

何故ノミの卵や幼虫、蛹に対しても効果的なのかというと、S-メトプレンに秘密があります。
実はS-メトプレンは昆虫の成長を抑制する作用が含まれており、この成分がノミの卵や幼虫、蛹に浸透することで成長を強制的に止めることができます。
孵化や成長を阻害することによって駆除効果を発揮してくれるため、成虫と同時に卵や幼虫なども予防できるというわけなのです。

ノミやマダニは一度ペットに寄生すると、全て駆除しきるのは非常に困難といわれています。
ペットに長い期間つらい思いをさせないためにも、月に一回、フロントラインプラスを投与してノミやマダニを確実に予防しましょう!